日本で大ヒットした『君の名は。』ですが、海外(台湾・韓国・中国)でも公開されました。では反応はどうだったのでしょう?日本人と反応の違いはあるのでしょうか。『君の名は。』の海外(台湾・韓国・中国)過去の歴代トップ邦画作品や興行収入も一緒に紹介します。

 

『君の名は。』台湾・韓国・中国の反応は?

 

≪台湾≫

2016年10月14日~16日の3日間先行上映会が行われました。一般公開は同年10月21日。各映画館でほぼ全部の時間帯で満席。台湾でも日本と同じように10~30代の若者が中心だったそうです。台湾での映画料金は日本に比べて安く、同じ日に2回見た人や、2カ月後にはすでに5回見たという人もいました。

台湾でのタイトルは“你的名字”で音声は日本語、中国語&英語の字幕だそうです。

実は台湾のテーマソングは“RADWIMPS”ではなく“五月天(メイデイ)”という人気ロックバンドのバラードだそうです。日本では音楽とマッチしている点がヒットの要因にもあげられていますが音楽でどう変わるのでしょうか。

日本好きの方が多い台湾、『君の名は』は公開まえからSNSでも話題になっていて楽しみにしていた人も多かったようです。

≪韓国≫

2016年10月9日に“第21回釜山国際映画祭”で初めて公式上映され、一般公開は2017年1月4日でした。韓国も公開上映には10~20代の若い人が中心だったそうです。SNSって全世界に繋がっていて今後大きく情報網が変わっていきそうですね。

観客の反応は笑い、そして驚き・感動・涙といった新海監督が目指す飽きさせない作品になっていたようです。

またオーディションで吹き替え版の声優が選ばれ、2017年下半期で公開予定です。

≪中国≫

 

出典:http://www.recordchina.co.jp/

 

2016年12月2日公開されました。日本公開からわずか3ヶ月余りでの早期公開は異例だといいます。また中国では部分的にカットされることもありますが『君の名は。』の神社のシーンや下着が見えるシーンもノーカットで上映されました。

作品を見た人の88%以上の人がお勧めとしています。日本語の音声で字幕は中国で上映され神木隆之介さんの声が良かったという評価もあるようです。

台湾・韓国・中国の反応は日本と変わりはないように感じました。それは日本語音声だから?これが吹き替えになると違った反応があるのかもしれませんね。

 

台湾・韓国・中国過去の 邦画歴代首位はどの作品?

 

≪台湾≫

『リング』

≪韓国≫

『ハウルの動く城』

2004年の上記作品以降目立ったヒット作は減少し、13年ぶりに日本映画がランキング1位となりました。韓国では『千と千尋の神隠し』ではなく『ハウルの動く城』だったんですね。声優に関係があるのでしょうか?

(1998年日本映画解禁)

≪中国≫

『STAND BY ME ドラえもん』

 

『君の名は』台湾・韓国・中国の興行収入は?

 

出典:www.kiminona.com

 

≪台湾≫

最終興行収入2億5000万台湾ドルを超。

≪韓国≫

初日、興行収入約10億ウォン。最終興行収入は分かりませんでした…。

≪中国≫

最終興行収入5億7662万4000元。

 

公開された日本・台湾・香港・タイ・中国・韓国でもランキング1位。アジア圏6冠を達成しています。また、今年(2017年)1月の時点で日本のアニメとしては世界歴代興行収入ランキング1位になりました。日本では超えられない壁と言われる『千と千尋の神隠し』を超えて首位になったことは本当に驚きですね。